is702

IPA、スマホのワンクリック請求の手口と対策を公開

2012/2/3

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)は、2月3日、2012年1月のコンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況を公開しました。合わせて、IPAでは、今月の呼びかけとして、パソコンと同様、スマートフォンでもワンクリック請求に注意するよう呼びかけています。

IPAによると、1月に、Android OSのスマートフォンで、不正なアプリを用いて、料金請求画面を表示し続けるという事例が確認されたということです。このケースでは、ウイルスに感染したスマートフォンの電話番号やメールアドレスなどの情報が業者に伝わる仕組みになっていたことから、IPAでは、ワンクリック請求業者が、端末の所有者に連絡できてしまうことも可能なため、パソコンと比較し、手口が悪質化しているとしています。尚、同様の事例については、トレンドマイクロも同社ブログで確認を報告し、注意喚起をしています。

IPAでは、ウイルスに感染しないための対策として、パソコンと同様に信頼できない場所からダウンロードしたファイルを不用意にインストールしないことが重要だとしています。その他、セキュリティアプリを入れ最新の状態を保つこと、信頼できない場所からのアプリをインストールしないよう設定しておくこと、そしてアプリをインストールする前にアクセス許可を確認することを勧めています。

万が一、ウイルスに感染した場合、現状ではインストールしたアプリを削除することで、料金請求画面をふたたび表示させないようにすることができるとしています。また、該当業者から電話がかかってきたりしても応じることなく、執拗に連絡がくる場合は、消費生活センターや警察に相談することを勧めています。

  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ