is702

日本人を標的にしたフィッシングサイト152件確認、マスターカードを偽る ― トレンドマイクロ

2012/12/19

トレンドマイクロは、12月19日ブログで、日本人を標的にしたと推測されるマスターカードを偽るフィッシングサイトを大量に確認したことを公表し注意を呼びかけました。

2012年12月19日12:00(日本時間)までに確認している関連フィッシングサイトURL数は152サイトで、組織的、機械的に仕掛けられている可能性を指摘しています。また、直近一週間以内に確認されている44件のURLを分析した結果、合計988件にのぼるアクセスがあり、複数のユーザが被害に遭っている可能性が考えられるとしています。 さらに、アクセスの99%は日本国内からで、サイト画面も日本語表示であることから、クリスマス、年末に向けてクレジットカードを使った買い物が増えることに着目し、日本国内のユーザに対して攻撃が行われている可能性があるとし、注意喚起しています。

尚、今回使われているフィッシングサイトは、ブラウザのアドレスバーで URL を見るだけで、当該クレジットカード会社のものではないことが簡単に確認できるということです。クレジットカード会社をはじめとする金融機関が、メールなどで口座や個人に関する情報を求めてくることはないため、このようなサイトに誘導するようなメールを受信した際には、無視や削除することが重要だといいます。万が一、被害の疑いがある場合は、直ちにカードの発行会社や警察に連絡するよう勧めています。

  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ