is702
ニュース

人の弱点を突くソーシャルエンジニアリング攻撃拡大など|2019年サイバー脅威予測

2018/12/14

トレンドマイクロは12月13日、2019年の国内外における脅威動向を予測したレポート「2019年セキュリティ脅威予測」を公開しました。

このレポートは、近年のテクノロジーの最新状況、利用者や市場の動向、脅威概況等をもとに、2019年のセキュリティ脅威を、「個人利用者」「企業」「社会・政治状況」「セキュリティ業界」「産業制御システム」「クラウドインフラ」「スマートホーム」の領域ごとに予測した内容です。

2019年の動向予測として、レポートのなかでは「チャットボットの悪用が進む」「セクストーションが増加する」「在宅勤務が企業のセキュリティリスクとなる」「フェイクニュース対策が困難な課題となる」「AI技術を利用した高度な標的型攻撃が確認される」「より多くのクラウド関連ソフトウェアの脆弱性が確認される」「スマートヘルスデバイスへの最初の攻撃事例が確認される」といった予測があげられています。

トレンドマイクロは、特に以下の項目をハイライトとしてあげています。

・AIによるセキュリティ対策を回避する攻撃や、AIを悪用したサイバー攻撃の登場
・「テレワーク」の普及が法人セキュリティにおける新たな弱点になる
・「ソーシャルエンジニアリング」が再び攻撃の中心になる

なかでも、脆弱性攻撃サイトへのアクセス数が減少傾向にある一方、フィッシング詐欺サイトへのアクセス数が増加傾向にあることからも、人間の心理的な弱点を悪用する「ソーシャルエンジニアリング」の再拡大が、要注意と言えるでしょう。フィッシングの攻撃経路についても、電子メール中心から、SMSやメッセンジャーソフトを経由する等、多様化することが考えられます。

「2019年セキュリティ脅威予測 」全文(PDFファイル)は、トレンドマイクロのサイトよりダウンロード・閲覧が可能です。


「2019年セキュリティ脅威予測 」表紙

「2019年セキュリティ脅威予測 」表紙


  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ