is702
is702はトレンドマイクロが提供するインターネットを
安全に楽しむためのセキュリティ情報サイトです。
is702はトレンドマイクロが提供するインターネットを安全に楽しむためのセキュリティ情報サイトです。
ニュース

長期休暇における注意事項をチェック、テレワーク環境の対策も忘れずに

2020/04/27

JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は4月16日、「長期休暇に備えて 2020/04」と題する情報を公開し、改めて注意を呼びかけました。独立行政法人情報処理推進機構(IPA)も4月21日に、「ゴールデンウィークにおける情報セキュリティに関する注意喚起」を公開しています。

年末年始、ゴールデンウィークなどの長期休暇は、スパムやサイバー攻撃が増加しがちな時期です。一方で、管理者が不在であるなど、いつもと違う状況になります。そのため、セキュリティ被害やインシデントが発生しても、対処が遅れたり気づかなかったりして、被害が拡大しがちです。さらには、個人の行動においても、SNSへの投稿やスマホの利用が増え、不用意なトラブルを招く可能性が高まります。
また、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響が拡大し、外出自粛要請や非常事態宣言が行われたことで、テレワークに仕事を切り替えている人もいます。その場合、会社の情報部門が用意した業務環境と異なり、家庭内のパソコンやインターネットを使っているため、セキュリティの問題が未解決であるケースも考えられます。また、新型コロナウイルス拡大に便乗したスパムメールなども出現しています。

長期休暇における基本的なセキュリティ対策は、対応体制や関係者への連絡方法を事前調整するといった「休暇前の備え」、不審なアクセスや侵入の痕跡がないかチェックするといった「休暇後の確認」が重要です。また、テレワーク環境下での対策について、JPCERT/CCでは以下の対策を挙げています。

テレワーク環境の脆弱性等を起因とした攻撃への対策

システム管理者・経営者における対策や対応
1.VPN 製品や FW を含めた自組織のシステムについて、アップデートの必要有無を確認する
2.社内システムへのアクセス制御や認証方法を確認する
3.利用サービスの攻撃事例やアップデート状況を確認し、利用継続を検討する

個人・従業員における対策や対応
1.OSやウイルス対策ソフトを最新の状態に保つ
2.テレワーク用クライアントアプリ(テレビ会議、VPNアプリ)は正規のものをダウンロードする

他にも、新型コロナウイルス感染拡大に乗じた攻撃への対策、休暇前や後の対策が紹介されています。

テレワークについては、IPAが「テレワークを行う際のセキュリティ上の注意事項」として情報をまとめたページを、内閣サイバーセキュリティセンターでは「テレワークを実施する際にセキュリティ上留意すべき点について」と題した文書(PDFファイル)をそれぞれ公開しています。各自の状況に合わせ、これらの情報を対策に役立てましょう。

  • 働く大人なら最低限知っておきたいネットセキュリティの基本
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
  • 新型コロナウイルスに便乗したネット詐欺などにご注意ください
働く大人なら最低限知っておきたいネットセキュリティの基本
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ
新型コロナウイルスに便乗したネット詐欺などにご注意ください