is702

ペニーオークションのトラブル相談が増加、国民生活センターが注意を呼び掛け

2011/1/27

独立行政法人国民生活センターは2011年1月24日、「ペニーオークション」の利用に関するトラブルの相談が急増しているとして、注意を呼びかけました。

ペニーオークションとは、商品を競売形式で購入できるネットオークションの一種です。2009年以降、この形式で電化製品やブランド品などを販売するサイトが増加し、市価より大幅に安く購入できるとの謳い文句で利用者を集めています。

しかし一般的なネットオークションと異なり、入札には1回につき50~75円程度の手数料がかかり、落札できなかった場合でも返還されません。入札価格も利用者が決められず、入札のたびに1~数十円単位で上がるといった仕組みです。また、終了間際に入札があると期限も数十秒延長されます。そのため、入札頻度でオークション時間が左右されることになり、オークションの終了時間が予測できません。

同センターによると、こうしたペニーオークションの仕組みを理解せずに利用したことによる相談が寄せられているとのことです。PIO-NET(全国消費生活情報ネットワーク・システム)のまとめでは、ペニーオークション関連の相談件数が2009年度は19件だったのに対し、2010年度は12月までに173件と急増しています。

主な相談事例として、入札に没頭してしまい手数料が15万円に膨らんだケースや、支払った手数料が無駄になってしまうことを恐れて入札を止められなかったなどのケースを紹介しています。デジタルカメラを1円で落札したにもかかわらず、一方的に購入をキャンセルされた例もあるとのことです。

同センターは、手数料が膨らむ恐れがあるペニーオークションの利用には慎重を期し、冷静な判断力を失わないよう呼び掛けています。また入札手数料として事前に購入するコインは払い戻しできないサイトが多く、サイトが閉鎖されると未使用のコインが無駄になる恐れがあることにも注意すべきとしています。

  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ