is702

IPA、スマートフォンのウイルスへの注意を喚起

2011/2/9

IPAは、「コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況[1月分]について」を公開し、「スマートフォンのウイルスに注意!」と呼びかけています。

同機構は2011年1月21日にも「Android OSを標的としたウイルスに関する注意喚起」を公開しましたが、今回は一般利用者向けに、スマートフォンにまつわるウイルスの脅威の例として、最近発見されたAndroidに感染するウイルスの特徴およびその感染予防策について、具体的な説明を行っています。

高性能なスマートフォンは、ウイルスが感染しづらい従来型の携帯電話とは異なり、パソコンとの共通点が多く、パソコンと同様にウイルスなどの標的にされる要因になっています。

今回公開された情報では、特に「Androidを標的としたウイルスへの被害予防策」として、以下の4点を挙げて説明しています。

(i)信頼できる場所から、正規版のアプリケーションを入手しましょう
(ii)普段は「提供元不明のアプリ」設定のチェックを外しておきましょう
(iii)アプリケーションのインストール時の「アクセス許可」に注意しましょう
(iv)セキュリティソフトを導入しましょう

また、その他にコンピュータウイルスの届出状況や、コンピュータ不正アクセス届出状況(相談を含む)を「なりすまし」の被害事例とともに公開し、脆弱性の解消やセキュリティ対策の重要性を指摘しています。

  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ