is702

2014/02/27

「クラウド」を使うと何ができるの? 便利なクラウドを安全に利用するコツ

印刷用を表示する

<ページ1>

<ページ2>

  • クラウドサービスの便利な活用術

<ページ3>

クラウドサービスの便利な活用術

■Webメール

GmailやYahoo!メール、Windows Live HotmailなどのWebメールは、私たちにとって最も身近なクラウドサービスの1つです。たとえば、パソコンにインストールしたメールソフトを使用している場合、そこでやり取りしたメールを別の機器から参照することはできません。これに対し、WebメールではパソコンやスマホのWebブラウザからメールにアクセスし、メールの閲覧、作成、送受信が可能です。メールは、クラウド上に保管されているため、仮にパソコンが故障しても別の機器からメールを参照できます。

■クラウドストレージ

ストレージとは「倉庫」の意味で、クラウド上にある事業者のコンピュータ内にデータを保管できるサービスです。インターネットがつながった(線(ライン)がつながっている)状態で使うことから、オンラインストレージとも呼ばれます。パソコンだけでなく、スマホ、タブレット端末など、インターネットに接続できる環境ならどこからでもアクセスしてデータを保管/公開/更新/削除できます。

バックアップ対象のファイルを指定しておけば、パソコン内のファイルとクラウドストレージ内のファイルを同期してくれるのも特徴です。このため、ハードディスクの故障や大規模な災害に遭遇しても重要なデータの消失を防げます。また、複数のメンバーでストレージを共有し、グループでの共同作業スペースとしても使えます。データ更新や削除の履歴も一定期間残るため、グループのだれかが誤ってデータを消去してしまっても期間内であれば復元できます。

例えば、iPhone/iPad/iPod touchなどのユーザに提供されるiCloudは、クラウドストレージの機能を応用したサービスです。iCloudは、メール、連絡帳、カレンダー、メモ帳、写真、safari、iTunesなどと連動するよう設計されており、端末の一部データを自動でクラウド上に保存し、複数の機器で共有できるようになっています。

■情報蓄積(メモ)・加工・管理

文章だけでなく、写真や画像、音声など、様々な形式のデータをクラウド上の自分のスペースにノートやメモ帳のようにまとめて管理できるサービスです。データの加工用に、文書作成やスライド作成、表計算の機能などを備えたサービスもあります。作成したメモは、クラウドを介して複数の端末間で自動的に同期されるため、外出中にスマホでアップロードしたメモを会社のパソコンから検索・閲覧するといったことも可能です。EvernoteやGoogleドライブなど、前述のクラウドストレージ機能を併せ持った様々なサービスが存在します。

前へ 1 2 3 次へ
  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ