is702

2009/03/26

5DANGER
5)無線LANに気をつけろ!
いつでも、どこでも、危険がいっぱいの無線LAN。
土曜日、トレンドくんは、自慢のノートブックPCの異変に気づきました。無線LAN機能を搭載したニューモデル。それなのに、突然インターネットへの接続が遅くなり、トレンドくんの個人情報が書かれた怪しいメールが送られてくるようになったのです。不正侵入者が近くにアクセスポイントを設置して、トレンドくんの無線LANネットワークを攻撃していたのです。いつでも、どこでもインターネットやメールができる便利な無線LANも、セキュリティが甘いと危ない落とし穴があるのです。
こんな被害にご用心!
大切な情報が
盗みだされる!
自分が
不正侵入者に?
無線LANのセキュリティが甘いと、外部からの不正侵入を簡単に許してしまいます。大切なデータやファイルが盗み出される危険も。 無線LANには、第三者が簡単にネットワークに侵入しやすいという弱点がある。逆に言うと、自分でも無意識のうちに他人のネットワークに不正アクセスしてしまう恐れも。
ネットワークに
接続しただけで感染
 
ネット接続しただけで感染してしまう「ネットワークウイルス」の被害は、無線LANユーザの間でも広がっている。ひとたび感染するとネットワークを通じて他人のパソコンに感染させてしまう…。  
事件簿5 無線LANから未発表の企画が、外部に漏えい。

広告代理店Eさんの場合

広告代理店に勤めるEさんは、企画が煮つまるとノートブックPCを持ち出し、インターネットカフェで気分を変えて仕事に取り組む。ある日、Eさんがカフェで作業をしていると、クライアント企業から電話が入った。「ライバル企業が、うちと同じポスターを作ってる」。極秘に進めていた企画だったのに何故? 無線LANが怪しいと思った時は、後の祭りだった…。
こんな対策を!

-- 無線LAN環境でのパケットの暗号化を利用する。

-- 接続できるパソコンを制限する。

-- そして、パソコンにはセキュリティソフトをインストール。
前へ:フィッシングをやっつけろ!
  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ